さんラボ!

食品

クオカショップ タカマツ

クオカショップ 高松

クオカショップ 高松

087-815-3001

じぶんのお気に入り:
メモ: 
みんなのお気に入り:
  • お気に入り…5人
  • おススメ☆…3人
  • 趣味…3人

全部見る

journal

スタッフの手作り話や日常、お店での出来事をお届けします。

クオカスタッフはおいしいもの、そして手作りが大好き♪
店頭では「どこのお店のケーキがおいしかったよ」や、「この商品、こんな使い方するといいよ!」など日々、話し合っています。

こちらでは高松ショップをもっと身近に感じていただけるように、お店での出来事やスタッフが今どんなことに興味を持っているかなどをご紹介していきます。

お菓子作り基本のポイント ~シフォンケーキ~

シフォンケーキを冷ますとき、どうされていますか?
ワインボトルなどにさして冷ましてる??
見た目は素敵なんですが、必ず瓶にささなくてもいいんですよ。

瓶にさすのは型からあふれるくらいにふくらんだ生地をつぶさないため。
「生地がつぶれなければ」いいんです!!

なので、このように網に逆さに置くので十分なんですよ~

瓶にさすと転倒することもあるので、網の方が安心かも。
我が家は猫がいるので瓶に逆さ・・・なんてオソロシクてできません(笑)
猫達に「なんだコレ?」とあっという間に倒されます。絶対に(断言!)

スタッフ 長田

突撃!世界の晩ごはん!!

もうすぐゴールデンウイーク!
今年は海外へ行かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

海外旅行、それも何カ国も周遊するような長期旅行で一番の悩みどころは「宿泊費」「食費」ではないでしょうか?
宿泊費を抑えるには部屋を貸しますという人たちと旅行者をつなげるアプリを利用したり、ボランティアの紹介サイトを利用し、ボランティア先で宿泊したりという方法などがあるそうです。

「食費」はどうしてもお金がかかりますよね~
3食外食となると結構な額に。自炊という手もありますが、旅の途中だと家のようにはできないし・・・

なんと、「突撃!となりの晩ごはんスタイル」で旅をした人がいるんです。
山本雅也さんは見知らぬお家に食事をご馳走になりながら世界一周(450日間!)をされたそうです。
そして、その体験をまとめだ本『キッチハイク!突撃!世界の晩ごはん』を発売されました。
印象的なのは山本さんを招待した家族の写真。どの家族も心からもてなしているのが伝わってくる素敵な写真。
本屋さんで見かけたら、一度ご覧になってくださいね。
https://kitchhike.jp/book/

スタッフ 長田

フランスのグリコ?

フランスのお菓子メーカー「Lu(リュ)」のビスケットが身近なところでも手に入るようになったそうです。

「Lu」はフランスのナント市にある1848年創業の老舗のお菓子メーカーです。

フランスで生まれ育った人なら誰でも知っている、食べたことのあるビスケットを販売しています。
日本の感覚でいえば「グリコ」のような感じでしょうか。
実際、Luはグリコと業務提携をしていて、へーゼルナッツ味のポッキー「Mikado(ミカド) 」も作っています。

上質な材料とバターをふんだんに使っているのが特徴で、朝ごはんにもぴったり。食べ飽きない味でもう1枚と手がのびてしまいます。

フランスのベストセラーの味、見かけたらぜひ試してみてくださいね!

LuのHP
https://www.lu.fr/

お菓子作りの基本ポイント ~色の退色~

若葉が芽吹き、新緑の季節になると、抹茶を使用したお菓子を作りたくなりませんか?


抹茶の爽やかな色と風味は日本人だけでなく、外国の方にも好まれています。
クッキーやパウンドケーキ、ロールケーキ・・・いつものレシピに少し加えるだけで、ぐっと和のテイストに変わる、とても楽しい材料ですよね!

抹茶を使用する時に、ひとつ気をつけなければいけないことがあります。
それは「色の退色」。

抹茶そのものも、抹茶を加えたお菓子も長時間、陽の光や蛍光灯に当てると、くすんだ色に変わってしまいます。
にごったグリーンから、最後には茶色になってしまうことも・・・。

保存やラッピングはできるだけ光が当たらないように工夫しましょう。
高級で繊細なものほどあっという間に退色してしまうのでご注意!!

生菓子は食べる直前まで冷蔵庫に、ラッピングは色の濃いものを使用するといいですよ。

スタッフ 長田

端午の節句といえば・・・

端午の節句のお菓子「べこもち」ご存知ですか?

春先に「今年は『べこもち』を推します!」と東京本社から連絡がありました。

「べこもちってなに?」「べこって牛のこと??」
高松スタッフで知る人がいなかったのですが、北海道や東北で子供の成長をお祝いするお菓子です。

茶色と白が2色混じった餅生地を北海道では木の葉の型に、東北ではかまぼこ型に形作り蒸し上げて食べます。

端午の節句といえば、柏餅、ちまきしか知りませんでした。
それに毎年食べているのは柏餅で、ちまきはむか~し1度だけ食べたきり。

他にもスタッフが色々調べてみると、各地に様々な節句のお菓子がありました。
どれも素朴なもので、お家で手作りされ受け継がれてきたのだなと、おもわれるものばかり。

イラストが得意なスタップが全国のお菓子名鑑POPを作りました。
お買い物の際、ご覧になってくださいね。

スタッフ 長田

ハッピーカラフル!!

1つで2度楽しめちゃう「カラードリップケーキ」をご存知ですか?

「カラー」を「ドリップ」するんです(笑)

発祥はオーストラリアの高校教師Katherine Sabbathさんのインスタグラム。
あまりの反響に教師をやめて、お菓子の世界に飛び込まれたそうです。
彼女のHPに掲載されているお菓子の写真は見ているだけでわくわくするような色使い!
その中でも、ケーキの上からソースを滴るようにかけたものが特に人気です。

日本でも知名度が上がり、最近ではウエディングケーキをカラードリップにされることが増えたそうです。
まずは真っ白なウエディングケーキをお披露目!
そしてケーキの上から、キャラメルソースやフルーツソースなどのカラフルな「カラー」を上から「ドリップ」しちゃう!!

ケーキ入刀やファーストバイトのように見ているお客様も楽しめる演出として人気があるのだそう!


海外ではもう定番になっているそうですが、日本でも人気が出てきそうですね!

Katherine SabbathさんのスーパーハッピーなHP↓
http://www.katherinesabbath.com/

スタッフ 長田

1分間クッキング♪

フランス全土に店舗があるスーパーマーケット「カルフール」のサイトに実に!興味をそそられるお料理番組を見つけました。

ジャン フランソワ マレさんという方のレシピ番組です。
なんと、1品が約1分の内容。
あの3分クッキングより、さらにさらに短い!!

でも、内容は充実していて、すぐにでも真似したくなるメニューです。
フランス語が聞き取れなくても、読めなくても全然問題ありません。
なんせ、番組名が「Simplissime簡略主義」!
材料も作り方も超シンプル。
食材の紹介も作る手順もシンプルすぎて、言葉なんて必要ないくらい。

マレさんが元々料理専門のカメラマンだったこともあり、ビジュアルも非常にこだわったそうです。

アジアにもよく旅行され来日経験もあるそうで、レシピにアジアンテイストが多く見られます。
けっこうお醤油(KIKKOMAN)登場します(笑)

日本では思いもつかない、食材の組み合わせもあり、見てるだけでも楽しいですよ!

一度覗いてみてくださいね↓
http://www.carrefour.fr/cuisine/simplissime/recettes

レシピだけじゃない!

本屋さんでとってもユニークな本を見つけました!

「パリの簡単お菓子レシピ&ラッピングペーパーブック」

お菓子のレシピにラッピングペーパーがついている本です!
本の著者はフランスのアーティスト、イザベル ボワノさん。
とってもキュートなイラストを描く方です。

イザベルさんとっておきのお菓子のレシピは思い立ったらすぐに作れるものばかり。
日本でも手に入る身近な食材でフランスのエスプリが感じられるものが作れるんですよ~
レシピと一緒にラッピング方法の提案も載っています。
そして、その通りに仕上げられるように素敵なラッピングペーパー32枚とラベルシールが28枚もついています。
作ったら誰かにプレゼントしたくなる、ハッピーをおすそ分けできるレシピ本です。

出版社のHP↓
http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4855

スタッフ 長田

たけのこ×椿

竹の子が出始めましたね!

竹の子のアク抜き、どうされていますか?

なんと!「椿の葉っぱ」でアク抜きできるのをご存知ですか?
竹の子1本につき3~4枚の葉っぱでできるんです。
我が家は竹の子のために椿を育てています。本当ですよ。

鍋にたっぷりの水と竹の子、椿の葉を入れて、竹の子がやわらかくなるまでゆがきます。
火を止めて完全に冷めるまでおいておきます。

糠でするのと違い、この方法の何が良いって
家が糠くさくならない!
鍋を洗うのが簡単!
流しがつまらない!
竹の子に糠のニオイがつかない!

もう、本当に楽チンです。
試してみる価値ありですよ~
お台所に革命がおきます!

スタッフ 長田

撮影好調!!

ケーキバイキングではありませんよぉ~

レッスンでご紹介するメニューの写真撮りです。
だいたいレッスン開催の3,4ヶ月前にメニュー開発、試作、写真撮りを行います。
今回はレモンやパッション真夏のレッスンメニューです。ここには写っていませんが、あとシフォンケーキもあるんです!

このあとギリギリまで微調整を行い、皆様にお披露目です。
詳細はしばし、お待ちくださいませ~

撮影後のケーキあれこれはスタッフのお腹に・・・
あ、ケーキバイキングになってますね(笑)

スタッフ 長田

そら豆の保存食

色々なお豆が店頭に並ぶ時期になりましたね!

この時期に私が必ず作る「そら豆のオイル煮」をご紹介します。

*そら豆の薄皮をむく。
*鍋かフライパンにそら豆とそら豆がかぶるくらいのオイルと塩を入れる。
*お好みでにんにく、鷹のつめ、ハーブ等を入れる。
*火にかけ、オイルがふつふつと沸いてきたら火を止め、冷めるまでおいておく。
*清潔な瓶に入れ、冷蔵庫で保管。

そら豆がお口の中でほろほろに崩れる仕上がりです。
オイルごとパスタにからめるのが一番おススメです!
他には何も具材を足さず、そら豆とパスタだけのシンプルスタイルで味わってください。

もちろんそのままつまんでも、バゲットにのせたり、お肉のつけ合わせ煮したり・・・

お豆は購入したらすぐに処理をしないと固くなってしまいます。
この方法だと、ある程度保存もでき、色々なお料理にすぐに使えますよ。

そら豆の香りが苦手という方もペロッと食べていただけるおいしさです!

専門誌もチェック!!

レストラン、パン屋、菓子屋・・・どの飲食店関係者も必ず読んでいる雑誌があります。

「料理通信」「料理大国」「cafe sweets(カフェ スイーツ)」

この3冊は自分の専門に関係なく目を通している飲食専門誌です。
大きな本屋さんなら取扱いがあるのでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

飲食業界のこれからの流行、今注目されているもの、海外事情など様々な情報を得られる内容です。

どの雑誌も上質紙で写真が多いのでファッション誌などより、お値段がちょっと張ります。。。
なので若手の職人は中古になるのを待ったり、先輩のを見せてもらったりしてるんですよ(笑)
お店によったら、全員読むように!と経費で購入するところもあるほどです。

専門誌ですが、堅苦しいものではなく、アマチュアの方が読んでも楽しめる雑誌です。

あの有名店の調理場を見られたり、有名シェフの隠し技を知ることができたり、わくわくする内容ですよ!!
おしゃれな表紙はお部屋においていてもインテリアになりそう!

こんな雑誌もたまにチェックしてみてくださいね。
プロの技を盗んじゃいましょう(笑)

スタッフ 長田

基本の道具の選び方 〜タルト型〜

「作れるようになりたい!」と憧れている方の多い、タルト!
ケーキを構成しているパーツが多くてハードルが高そうと思われがちですが、基本のお菓子の作り方を応用すればどなたでも作れるんですよ。

タルト型は色々なタイプがあります。
一番選ばれるのは、ふちが波型で丸く、底が取れるものです。
直径16cmのものが作りやすく、食べきれるサイズで便利でしょう。
おやつなら6名分、ディナーのデザートでしたら8名分くらいに仕上がります。

使い始めは生地がくっつきやすいので、型に薄くサラダ油を塗ってから使うといいですよ。スプレーオイルなら手が汚れないので楽チンです。

お菓子作り上級者でしたら、お店でよく使われる「タルトリング」にも挑戦してみてください。これは名前の通り、底のない「輪っか(リング)」です。
生地の敷きこみに少しコツがいりますが、シャープな美しいタルトができあがります。

さくさくタルトに仕上げるコツは「バターを溶かさないこと」!!
気温が高い時期はクーラーを入れて、ちょっと寒いなと思うくらいのお部屋で作業してくださいね。

スタッフ 長田

今さらですが

長らく、長らくご要望をいただいていた
お買い上げ金額に応じたポイントカード。
すっかり告知が遅れましたが実は2月の半ばからスタートしていました!

板チョコ柄のカードに可愛いくまのスタンプをぽちり。

税抜き1,000円ごとにに1ポイントですが、カードがいっぱいになるまでに合計3回の特典が受けられるんです!
ステージ達成するごとに使うもよし、数枚まとめてどどんとお得感を味わっていただくもよし。特典はプレゼントかお値引きかを選んでいただける楽しいポイントカードですよ!


スタッフ 藤澤

あえて、「やらない」ケーキ

デコレーションケーキでよくご相談を受けるのが、「生クリームをきれいに広げられない・・」というもの。
これはもう、練習あるのみ!なんですが、あえて「生クリームを広げない」という仕上げ方が最近人気があるんです。

「ネイキッドケーキ」と呼ばれるもので、NYのお菓子屋さんが考案されたものだそうです。

側面にクリームをまったく塗らない、または生地が透けるくらい薄く塗って仕上げるのが特徴です。
アンティーク調に見えると、日本ではウエディングケーキを中心に認知度が上がって来ているようです。

今まで、「いかにきれいに手早くクリームを広げるか」と頭を悩ませていたので、この発想は本当にオドロキです。

ナチュラルな見た目なので、お花やフルーツをたくさん飾ってもしっくりきて、親しみやすい仕上がりになるので、カジュアルな雰囲気を演出したい時には特に喜ばれます。

「クリームが上手くいかないから、デコレーションケーキはもうしないっ」とお思いの方、発想を変えてこんな風に仕上げてみませんか?

火付け役となったお店↓
http://milkbarstore.com/main/

スタッフ長田

まるでパティスリー?もはやパティスリー??

素敵なケーキでしょう?
ケーキ屋さんのショーケーキに並んでいる、もしかしたらそれ以上に素敵なケーキです。

このケーキは先日のクオカレッスンで作られた「洋梨のシャルロット」です。
さくさくふんわりとした食感のビスキュイになめらかな口解けの洋ナシのムースを組み合わせました。ほんのりお酒の香りがお口に広がる贅沢なお味です。

デコレーションはいちごのリキュールでピンクに色づけした洋ナシを薄く薄くスライスして飾りました。真ん中には洋梨で形作ったお花をのせています。

ケーキ屋さんでもここまで手をかけられることはなかなかないかもしれません。

こんなに手の込んだケーキがクオカレッスンで作れるんです!
家でほとんど作ったことないし・・・としり込みしないでください!!

どなたでも、必ず作れるんですよ~

何か新しいことにチャレンジしたいなとお思いの方、ぜひクオカキッチンにいらしてください。
もし参加に不安や疑問があればスタッフまでお声かけくださいね。

たのしい世界が広がっていることをお約束いたします!

スタッフ 長田

パリから届くギフトボックス

日本でも世界中のおいしいものや素敵なものを見かけるようになりましたが、まだまだ手に入らないものもたっくさんありますよね~

雑誌やガイドブックを見て「あぁいいなぁ~食べたいな~」と思うことがしばしばあります。

食の都、パリからフランスならではのお菓子が詰まったギフトボックスを取り寄せられるんですよ~

日本で見られるサイトから、日本語で注文できるんです。
注文して10日ほどで、パリからお家に届くそうですよ。

色々なテーマのギフトボックスがあり、選ばれた商品はフランス国外に進出していないものばかり。どれもうっとりとするようなパッケージです。プレゼントに選ばれるときっと歓声が上がるはず。

私はパリがテーマのギフトボックスに入っている「 Maison Boissier メゾン ボワシエ」の「フルーツゼリー」が食べてみたい!


気になる方はチェックしてみてくださいね!
Mason du bon メゾン デュ ボン
http://www.maisondubon.jp/

いちごのマリネ

真っ赤ないちご!
きっと甘いんだろうなぁと買ってみたら・・・・

「酸っっっぱ~~い!!!!」

ちょいとそのままで食べるのはツライ・・・

そんな時におススメの食べ方をご紹介します。

いちごに多めのメープルシロップか蜂蜜をからめて、2,3時間置いておきます。
できあがり!

笑っちゃうくらい簡単です。
でも、お砂糖をかけて食べるのとはまた違った風味が楽しめます。
ミントやバジルを刻んで一緒にからめると爽やかな香りも楽しめますよ。

ポイントはいちごの表面がとろっとするまで置いておくことです。

密閉容器に入れてピクニックなどに持って行くと、お弁当の時間にちょうど良い食べごろになっているはず。

フレッシュで楽しんで、ひと手間かけて楽しんで、と色々お試しくださいね。

スタッフ 長田

裏方さんを主役に

お休みの日に三豊にある「暮らしの森」というお店にランチに行きました。
野菜たっぷりのメニューでヘルシーおいしーお昼で大満足の時間を過ごしました。

ランチはワンプレートにいろいろなお料理が盛り付けられて出てくるのですが(このボリュームで1000円シンジラレナイ!)、サラダのお皿にワックスペーパーが使われていたんです。写真の一番奥です。

素敵なアイデア!!

大きめにカットしたペーパーの両端をぎゅっとひねり、ボウル状にしてサラダが盛り付けられていました。
ドレッシングが流れて他のお料理と混じることがないし、サラダが乾燥することもないし、全体の見た目も軽やかです。
お皿が足りないって時も使えそうなアイデアです。

カラフルなワックスペーペーを使用したら華やかな雰囲気になりますね。

普段は裏方さんで使っているものを主役にすると、いつもと違う演出ができて楽しいですよ!

スタッフ 長田

ぎょぎょぎょ・・・

まだ、3月も終わっていませんが、こいのぼりが登場しました!

このこいのぼりはスタッフのお家で大切にされていたもの。
もう、空を泳がすことがないから、と持って来てくれました。

屋根より高~いところにいた時は見たことがありますが、こんな至近距離で見たのは初めてです。

デッカイ!

こんなに大きいとはっ
お隣の幼稚園の園児たちがお散歩のときに見に来てくれるほどです。

店内に3匹泳いでいますが、ショーウインドウの中は入りきらずに折りたたまれて入っています(笑)

迫力ある姿を見に来てくださいね!!

ちょっとリニューアル

店頭でお配りしている「イベントカレンダー」がリニューアルしました。

高松店で開催しているレッスンやワークショップを毎月お知らせしているものなんですが、3月よりコラムが加わりました。

その月にちなんだお菓子や、パンのエピソードをのせています。
4月はイースターのお話。
まだまだ日本ではなじみの薄いイースターをかわいいうさぎさんと共にご紹介しています。


お知らせは読んだ後もお台所のすみっこに飾っていただけたらなぁと、毎月クオカのデザイナーが色々と工夫を凝らしています。
冷蔵庫の扉に貼って眺めていただくのも楽しいかも!
4月からは内容とともに紙質や色合いなどもちょっぴりリニューアル。
お手に取られたら、ゆっくりご覧になってくださいね。

スタッフ 長田

尋ね人発見!!

以前のコラムに登場した、尋ね人の「マチルドさん」を覚えていらっしゃいますか?

再会できたんです!!

クオカにご来店くださったお客様が
「もしやこの人ですか?」
と、連れてきてくださいました!

「岡山イオン」にいてたんですって~
完全に帰国(販売中止)されていたかと思っていましたが、まだ日本に滞在(販売継続)されていました。

わざわざ持ってきてくださったお客様に感謝です。
ほんとうにうれしかった~
ご自分用にも購入されたそうなので、ファンになってもらえたらうれしいな。

岡山イオンに行かれる方、1階の輸入食材屋さんをチェックしてみてくださいね。
ザクザク食感と濃厚なへーゼルの風味が楽しいパイ菓子ですよ!

スタッフ 長田

基本の道具の選び方 〜シフォンケーキナイフ編〜

きれいに焼き上がったシフォンケーキ!
さぁ、次は型外し・・・失敗したらどうしよぉ
という方は多いのではないのでしょうか?

金属の型は中の様子が見えないので文字通り、手探りの作業です。
たいていは型と生地の間になにか道具を差し込んで外すのですが、まっすく差し込んだつもりがいつのまにか、ケーキに刺さって切腹状態に・・・
「シフォンケーキあるある」です。

キレイに外すには、まず手元をしっかりと見る事が大事です。
道具を差し込む際には生地をぐいっと手元に引き寄せましょう。
型と生地の間をしっかりと確認しながら、道具をを差し込みます。
差し込んだら、上下に動かしながら生地を離していきます。横にぐいっと動かすと切腹になる確率があがるので、必ず「上下」に動かしましょう。

この時の道具は、竹串、パレットナイフ、ペティナイフ等なんでもいいのですが、格段にキレイに失敗も少なく外せるのが「シフォンケーキナイフ」です。
適度なしなりと角度が絶妙にケーキにフィットするんです!

シフォンケーキの型外し以外になかなか出番がないのですが、ぜひ使っていただきたい、おススメの道具です。

スタッフ 長田

旬を閉じ込めて!

いちごの旬が真っ盛りですね!!

真っ赤ないちごを見るとワクワクして、何かケーキを作りたくなってしまいます。
この時期はお値段も手ごろになるのでふんだんに使えてうれしくなりますね。

私はここぞとばかりに大量のいちごジャムを仕込みます。
スーパーの見切り品、産直の規格外などさらにお値段が安くなっているものを見つけては購入し、ヘタを取って冷凍しておきます。ある程度、量がたまったら解凍してジャムを作ります。

大体一度に1.5kのいちごを使うのですが、家の中にいちごと砂糖の甘い香りが充満してむせ返りそうになります(笑)
瓶詰めにすると250ccの瓶に7本くらいできあがります。

旬のおいしいいちごで作るジャムは市販のものとは違う、フレッシュな味を楽しめるので、おススメです。
かわいらしい見た目はプレゼントにも喜ばれますよ。

クオカのHPに基本のジャムの作り方を紹介しているのでそちらもご覧くださいね。
http://www.cuoca.com/articles/jam/?ref=top_fu12_170316

スタッフ 長田

きんかんコンポート

そろそろ旬が終わりになる金柑ですが、お家にたくさんあったので白ワインでコンポートにしてみました!

〈作り方〉
きんかんのヘタを取り、横半分カットして種をとります。
鍋にひたひたのお水と一緒に入れて、火にかけ沸騰したらすぐにザルにあけます。
水気を切ったきんかんを鍋に入れ、きんかんがかぶるくらいの白ワイン、白ワインの半量の砂糖を入れて、火にかけます。
沸騰したら弱火にし、きんかんに透明感が出て、シロップが半量になるまで煮ます。
煮沸した瓶に熱いうちに入れて、できあがり。
冷めたら冷蔵庫で保管してください。

そのまま食べるのはもちろん、焼き菓子に入れたり、ケーキの仕上げに飾ったり、お湯や炭酸水にシロップごと入れて飲むのもおいしいですよ!

ちょっと喉がイガイガする時に食べるとすっとします。

鍋で炊くときにバニラビーンズを少し入れると、甘い香りがしてまた、違った味わいも楽しめます。

3月中はまだ出回るようですので、ぜひ一度お試しくださいね

スタッフ 長田

基本の道具の選び方 〜シフォンケーキ型〜

気温が上がってきて、クリームを使ったケーキの持ち運びが心配・・・
そんな時にお勧めなのが「シフォンケーキ」です。

焼きっぱなしでサマになり、お家にある身近な材料ですぐに作れ、どなたからも好まれる、軽やかな食感と風味のシフォンケーキ。

あのふんわりとした食感と高さを作るには型選びが大切です。

一番のおススメは継ぎ目のない、金属の型です。
焼くときに生地が型にしっかりとくっつき、ふわふわの仕上がりになりますよ。

型を購入される際はオーブンの庫内の高さが「シフォンケーキ型の高さ」+5cm以上であることをチェックしてください。
生地が型からあふれるように焼きあがるので、庫内の高さと型の高さがぴったりだと大変なことになります。

一般的な家庭用オーブンだと直径17cmのものがちょうどよいと思います。
カットすると8名分くらいの大きさです。

シフォンケーキに関するご質問でよくいただくのは「型のはずし方」。
上手くいかない、ケーキを傷つけそうで怖いとのお話をよく伺います。
型をはずすちょっとしたコツがあるんですが、紙面がつきそうなのでこのお話はまた次回に。

つづく・・・

スタッフ 長田

試作・試作!

日々おいしいものが生まれているクオカのキッチン、
毎月のレッスンの試作も行われています。

今日の試作は香ばしく焼きあがったタルト!
トップにはさっくさくのクランブルがちりばめられた、
控えめなルックスながら味わい深いレシピです。

ここからデコレーションや装飾を加えてみたり、
配合を少しずつ変えたりしながら、
やっとみなさまにお届けできる完成形へと昇華してゆきます。

そうそう、クランブルとは
「粉・バター・砂糖」を混ぜ合わせ、そぼろ状にした
クッキーのような食感のもの。
フルーツにトッピングして焼き上げたり、
マフィンのトップにたっぷりのせたりと
覚えておくとお菓子のバリエーションが広がります。

こちらのタルト、お届けできるにはもう少し時間がかかりそう・・・
どうぞ楽しみにお待ちになってくださいね。


スタッフ 藤澤

廃棄食材を救出!!

☆おススメ映画☆「0円キッチン」

世界で生産される食料の3分の1(なんと13億トン!)は食べられることなく廃棄されているそうです。

それを知ったオーストリアのジャーナリスト、ダーヴィド・グロスさんは「捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させよう!」

と、廃油を燃料にした車に、特製キッチンを取り付け、ヨーロッパ5カ国の旅へ出発します。

そしてスーパーのゴミ箱に捨てられた食材や家庭で賞味期限の切れた食材、規格外で商品にならなかった農作物、漁で取れたものの雑魚として廃棄されるものなどなど、「ごみ」とされたもので様々な料理を作り出していきます。

ダーヴィドさんの0円食材を料理する旅を収めた映画が「0円キッチン」です。

ダーヴィドさんは「家庭の冷蔵庫で眠っていた賞味期限切れの食材で料理する映像をきっかけに、わが家の冷蔵庫にあるものはどうなんだろうと考えてもらいたかったんです。」と。

「ごみ」「廃棄食材」という言葉からは想像もできないような明るくハッピーなエンタメ・ロードムービーです。

ぜひ一度ご覧になってくださいね。

スタッフ 長田

ご来場記念!

○○遊園地、ご来場者10万人突破!とか△△展覧会1000名様ご来場!なんて、ちょうどぴったんこかんかんのご来場人数に当たったお客様が花束や記念品をプレゼントを贈呈されているニュースを見かけます。

「ふ~ん、へぇ~いいなぁ」なんて、他人事に見ていましたが…

私にもそんなタイミングがやって来たんです!!

コーヒーショップでもらったポイントカードがちょうど100枚目の人だったんですっ
(スケールちっちゃ…)
店員さんが「ちょうど100人目なので、スタンプ1個プレゼントです」とおまけをしてくれました。

結構ウレシイ(笑)

思いがけないハッピーはその日1日を楽しいものにしてくれますね。
コーヒーもいつも以上においしく感じられました。


スタッフ 長田

さくら~さくら~♪

桜の開花が待ち遠しくなりましたね。

今の時期にだけ店頭に並んでいる「桜の塩漬け」。

お菓子やパンのトッピングや桜茶などに使われることが多いようです。
ほんのちょっと余っちゃったって時はお料理にもお使いください。

おにぎりの上にちょんとのせたり、大根や山芋の千切りにのせたり・・・
白くてシンプルな味わいの食材にのせると引き立ちますよ!

食卓から桜を待ちわびましょう~

スタッフ 長田

天然断熱材

「寒い~寒いよ~」とぶつぶつ言いながら冬を過ごしていたら、こんなプレゼントをもらいました。

さくらんぼの種がぎっしり入った枕!「チェリーピロー」

さくらんぼの種は中が空洞になっているため、温めると熱を、冷やすと冷気を種の中の空間に閉じ込めるんですって。さくらんぼの種は昔からヨーロッパではカイロや湯たんぽのように使われていた天然素材なんだそうです。

ヨーロッパのチェリーブランデーの醸造所で働いていた作業員の人たちは、仕込み後に残った種をストーブで温めて体に当て、日頃の疲れをとっていたそう。

プレゼントのピローは少し湿らしてからレンジで「チン!」。

ほんわか~じんわり~と温かさが伝わってきます。適度に重みもあるので、肩や腰にも気持ちよくフィットします。

使い始めはほのかにさくらんぼの爽やかな香りがするんですよ!オモシロイ~

さくらんぼの枕で寝るとなんだか幸せな夢を見られそうです(笑)

スタッフ 長田

海外進出!

長崎生まれの五島手延うどんと、島原手延そうめんがフランスの百貨店やオンラインショップでも購入することができるようになったんですよ!

五島うどんが「Vagues de Perles(真珠の波)」、島原そうめんが「Rivières de Perles(真珠の川)」という名前で販売されています。

パッケージも洒落ていてとても素敵!!

ネットショップでは調理例の写真を見ることができるんですが、日本での食べ方とはちょっと違う工夫がされています。

焼きトマトやステーキがのっていたり、パスタのように具材を絡めていたり・・・どれもとってもおいしそう。

日本の食材がもっとよそのお国の日常食になればうれしいですね!

スタッフ 長田

基本の道具の選び方 〜マフィン型〜

一度にたくさん作れて、プレゼントにも最適なマフィン、身近な存在のお菓子ではないでしょうか?

紙のマフィン型もありますが、頻繁に作られるのでしたら、やはり金属のものが経済的です。

マフィンを焼くだけでなく、千切りにしたジャガイモを薄くつめて焼くとジャガイモのガレットを作ることができますし、サンドイッチ用のパンを型に敷きこみ、キッシュの液を流し、パンキッシュを作ることもできますよ。

店頭でご好評だったのは、かぼちゃパウダーで黄色く色付けをしたパン生地を丸めて、マフィン型に入れて焼き、チョコペンで目とほっぺを書いて、コーンでくちばしをつけたひよこパン!

マフィンを焼くだけでなく、「丸い型」だと思って、どんどん使ってくださいね。

スタッフ 長田

クールジャパン??

クオカで取扱いのある、クルミの会社から店頭でどのように陳列されているか写真を送って欲しいと連絡がありました。

アメリカの本社に日本ではどのようにしているか伝えるのだそうです。
お国によってずいぶんと商品の見せ方がちがいますよね。

日本は漫画やアニメが文化として浸透しているせいか、なにかをアピールする際、キャラクターをよく使うのが非常に特徴的だそうです。
欧米ではキャラクターを使うとふざけているとかえって信用が薄くなるのだそう。
日本で薬の広告にお医者さんのイラストや擬人化した錠剤なんかが使われているのを見て驚かれるのだそうです。薬って信用が大事ですものね。

高松店のクルミの陳列写真にはスタッフが書いたリスさんが写っているのですが、どのように受け止められるでしょうか?
ぜひ、アメリカでご覧になったスタッフに感想をお伺いしてみたいものです。

「クールジャパン!!」と言ってもらえるかしら?(笑)

スタッフ 長田

さんまるいちまる運動

送別会の季節ですね。
先日、クオカでも新しい世界に旅立つスタッフを囲んで食事会を催しました。

おいしい食事にわいわいおしゃべり、楽しいひとときですね。

でもっっ時にごあいさつやお酌で全然食べられなかった!ってことはありませんか?

残った食事を見て悲しくなるのは、お店の人達も同じです。
えぇぇ~せっかく作ったのにこんなに残ってる!ショック・・・
私が以前働いていたレストランでもよくありました。

飲食店の生ごみのうち、半分近くがお客様の食べ残しだそうです。
そこで、取り組み始められた運動があります。
「残さず食べよう!30・10(さんまるいちまる)運動」
1 注文の際に適量を注文しましょう。
2 乾杯後30分間は席を立たず料理を楽しみましょう。
3 お開き前10分間は自分の席に戻って、再度料理を楽しみましょう。

まずは職場の宴会から取り組んで「食品ロス」を減らそうという取り組みです。
お食事会の前に、ちらりとこんなお話をされてみてはいかがですか?
お腹いっぱい、みんな大満足でお食事会を終えましょう!!

スタッフ 長田

ほろにが春野菜

春野菜がたくさん店頭に並んでますね!

ほろ苦い風味が大好きな私は野菜売り場を見るのが楽しくなる季節です。

一番よく食べるのが菜の花!!
湯がいても、炒めてもおいしい大好きな春野菜です。

お勧めの食べ方をご紹介します。

*菜の花のオイル蒸し
菜の花を一束水にくぐらせ、お鍋にぎゅうぎゅうに詰め込みます。
(ストウブやルクルーゼのような重たいフタの鍋がお勧めです。)
水大さじ2杯、オリーブオイル大さじ1強、塩、こしょうを加えて、フタをし、中火にかけます。
蒸気が上がって2,3分したらできあがり!

ゆでたパスタに絡めたり、お肉やお魚の付け合せにもぴったりです。

他の調味料や具材を足したくなるかもしれませんが、シンプルに召しあがってみてください。一人で一束ぺろりと食べられるおいしさですよ!

スタッフ 長田

コーヒー×病院

コーヒーショップでふと目に留まったドリップパック。
「なんで病院の名前が入ってるの? 広告?? ノベルティ??」


なんと、岡山の人気コーヒーショップ、キノシタショウテンと三宅病院がコラボレーションされて、販売しているコーヒーなんだとか。

三宅病院は岡山大福で女性をサポートしている産婦人科です。

院長先生は女性がしあわせであることで家族や世の中が明るくなり、皆が幸せになるとの思いで、体を気遣う方のためにカフェインレスコーヒーを作られたそうです。
コーヒー豆は選び抜かれたスペシャルティコーヒー!
パッケージはやさしい色合いのデザインでプレゼントにも最適です。

「すべての女性にHappinessを」という三宅病院の理念が世界に広がればいいですね!

スタッフ 長田

桃の節句だけじゃモッタイナイ!

桃の節句、桜にちなんだ商品が到着しました!

店内が桃色に彩られ、優しい雰囲気に包まれています。

桃の花のピックやぼんぼりのろうそく・・・・お雛様の時だけじゃもったいない!
お花見のお弁当にもぜひご利用ください。
いつものお弁当のすみにちょっと添えるだけで気分が盛り上がりますよ!

春だけの桜関連商品もたくさんご用意しています。
どんな風に使えば良いかもご提案していますので、店頭のポスター、レシピカードもじっくりご覧下さい。

スタッフ 長田

☆星付きレストラン☆

こちらはフランス中部にある、労働者向けのレストラン。

一夜にして、メディアや観光客が殺到するお店になったんです!
なんと、先日発表されたあのグルメガイド「ミシュランガイド2017」でミシュラン星☆を獲得!!

メニューは10ユーロで食べられる、ラザニアや煮込み料理、テーブルクロスは陽気な水玉模様、テーブルやいすは簡素なもの・・・・

訪れた人達はアレレレ??? 星付きレストランの雰囲気じゃないかも??

なんと、近隣にある同名のレストランと間違われて掲載されてたんです。
実際に星をとったお店はロブスターや仔牛を使ったコース料理60ユーロのメニュー。

掲載ミスがあったのはWEBサイトのみだったそうで、2日後訂正されたそうですが、ものすごい慌しさだったそう。

店主のヤケさんは「パリにいる息子が電話してきて死ぬほど笑われたわ~」、
コックのサーモンさんは「星を勝ち取るとは思わなかったけど、料理には心をこめたよ」と。

みんなが明るくなるアクシデントですね。

スタッフ 長田

桃の節句

クオカのお雛様が一年ぶりにお目見えです。

お雛様、お内裏様、三人官女はスタッフが千代紙で折ったものです。
お道具類はオークションで手に入れたアンティーク。
何十年前かにこのお道具で桃の節句をお祝いしていたのはどんな女の子だったのだろうと想像がふくらみます。

おひな祭りが近づくと、街全体がふんわりと優しい桃色に包まれて穏やかな気持ちになりませんか?

新しい季節、新しい生活がはじまるんだ~と感じます。
桃の開花が待ちどうしいですね!

スタッフ 長田

お家で和菓子!

クオカで働き始めてから、和菓子を手作りする機会がぐっと増えました。

和菓子を作るとなると、蒸し器を出して~さらしがいるよね~などと思っていましたが、意外と簡単にすぐに作れることを知りました。

もちろん職人さんの芸術的な生菓子には到底およびませんが・・・

2月に入ると私がまだかまだかと発売を待ちわびるのが「手作り桜もちセット」!
小ぶりの桜もちが10個作れるんですよ。
我が家は3人家族なので材料を9個に分割してちょっぴり大きく仕上げています。

作った後にどうしても残ってしまうのが、色付けに使う「紅麹パウダー」。
これを使って「米粉の桜クッキー」を作るのもおまけの楽しみです。

実は桜もち手作りキットは海外にお住まいの日本人の方への贈り物にも喜ばれています。
ご自分でご用意いただくのは、電子レンジ、砂糖、塩、水。これならどのお国でも大抵手に入りますよね!

ぜひ、海の向こうへ桜もちを広めてください!

スタッフ 長田

こんなところで、お会いするとはっ

コンビ二のレジ横から何か視線を感じる・・・・・

!!!!!モーツァルトがいっぱいこっち見てるっ

チロルチョコの新商品「モーツァルトチロル」だそうです。

チョコの中にはマジパン風ペーストとピスタチオが入っています。
マジパン好きにはたまらないぐらい、しっかりとした味と風味でしたよ~

・・・で、なぜモーツァルト??

オーストリアの「モーツァルトクーゲル」というお菓子からインスピレーションを得たそうです。

本家の「モーツァルトクーゲル」はヌガーとピスタチオペースト、マジパンをダークチョコレートでコーティングしたものです。包み紙にモーツァルトの肖像が使われているが特徴です。

オーストリアやドイツのお土産によく選ばれるので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

モーツァルトもまさか、日本のコンビ二のレジ横で微笑むなんて思っていなかったでしょうねぇ

スタッフ 長田

チョコレートであったまろう!

バレンタインはいかがでしたか?

たくさんのお菓子を作られたのでしょうか?

もしや、チョコレートが余ってはいませんか??

そのままおやつに食べても、もちろんおいしいですが、まだまだ寒い日が続く毎日にこんなアレンジはいかがですか?

*ホットチョコレート

牛乳100mlにチョコレート25gを加えて電子レンジで約1分チン!
スプーン等でしっかり混ぜて、チョコレートを溶かして下さい。
生クリームやマシュマロを浮かべてれば、さらにコクが出ます。

ブラックチョコレートだけでなく、ホワイトチョコレートやフレーバーチョコレートでもおいしくできますよ。

スタッフ 長田

ハッピーバレンタイン♡

出勤すると、更衣室にムシが大発生していましたっっ!!

な~んてねっ

店長からのキュートなバレンタインプレゼントでした(笑)
てんとう虫のチョコレートがロッカーにぺたぺた・・・

どのスタッフも意外とぎょぎょっとびっくりしたんですよ。
店長は「してやったり・・・ニヤリ」って感じでした。(ヤラレタ!)

きれいなラッピングも素敵だけど、こんな意表をつくプレゼントの仕方もおもしろいですね。

なんかクヤシイ・・・・

スタッフ 長田

残り物には福がある!

もう間もなく、バレンタインですね!!

お菓子の準備はいかがですか?
たっくさんお菓子を作った後、中途半端な材料が余りませんでしたか?

残ってしまった材料もおいしく食べきりましょう!
お菓子の材料はお菓子にしか使えないと思っていませんか?
お料理にもどんどん使っていきましょう。

・アーモンドプードル→パン粉と混ぜて、お肉につけてパン粉焼き。香ばしい!ハーブも入れるとさらにグッド。
・ピスタチオ→クリームパスタの仕上げにパラリ。お味も見た目もグレードアップ!
・ナッツ、ドライフルーツ類→サラダに加えましょう。ナッツはグリーンサラダに、ドライフルーツはマヨネーズや濃厚ドレッシングのサラダに合いますよ。
・ 色んな種類の小麦粉→「薄力粉」「強力粉」さえ分ければ、混ぜてしまっても大丈夫。お菓子に使った小麦粉を天麩羅やホワイトソースのルーに使っても問題ありません。

・ライスパフやチョコクランチなどトッピング類→アイスクリームやヨーグルトへトッピング。

戸棚の奥に仕舞い込まず、普段のお食事にちょい足しで使い切りましょう。
新しい味の発見にもつながるかもしれません。

長田

デカフェって??

最近、街のコーヒーショップでよく見かける「デカフェ」の表示。
なんのことかご存知ですか?

「デカフェdecaf」とは「decaffeinated」を略した言葉で、飲食物からカフェインを取り除いたり、添加を行わないことを意味します。

「デカフェ」は紅茶やジュース等にも用いられる言葉ですが、日常ではカフェインレスコーヒーを指すことが多いようです。

コーヒーを飲みたいけど、カフェインを避けたい時、今までだと「チコリコーヒー」や「たんぽぽコーヒー」などで代用されていましたが、やはり似て非なるもの…
あのコーヒーならではの香りと味を楽しめるデカフェが身近なところで手に入るようになったことはうれしいですね。

同じコーヒー豆でもカフェイン有り、無しで風味が少々異なるようです。
コーヒー豆からカフェインを取り除くと、それ以外の味や香りまでに影響があるのでどうしても、少々風味が変わってしまうのだとか。
それなら、最初からカフェインレスのコーヒー豆ができる木を作っちゃえ!と開発中なんだそうですが、なかなか実用化にはほど遠いようです。

スタッフ 長田

甘酒効果!

自家製甘酒を飲み始めて2週間が経ちます。

朝と寝る前に飲んでいるんですが、びっっくりするほどの変化は…ありません(笑)

でも、なんだか髪の毛にツヤが出てきたり、粉をふくほど乾燥していた肌が、少し落ち着いてきたような感じがします。
寝る前に飲むと、眠りがいつもより深いような、目覚めもすっきりしているような気もします。

なんとなく、いい感じ~。

甘酒について調べてみると、驚くのは栄養分の豊富さです。
今から飲み続けて、夏バテしない体になれたらいいなぁ。
豆乳割りが人気のようですが、私はお白湯で薄めて山盛りのおろし生姜を入れて飲んでいます。
夏になったらレモンもいいかも。
きなこやココア、抹茶、シナモンを入れる飲み方もあるようですね。

ちまたで話題の甘酒ダイエットですが今までの食生活+甘酒なので、私には効果はありません。
1食置き換えとかお菓子の変わりに甘酒を利用しないとそりぁ減量はできませんよねぇ

今まではおひな祭りにちびっと飲むものぐらいの認識しかなかったんですが、素晴らしい発酵食品!!

もうしばらく、続けてみようと思います。

スタッフ 長田

今年の人気ナンバーワン!

バレンタインの人気アイテムをご紹介します!

今年の大人気は「ミニクッキータルト」!!
http://www.cuoca.com/products/detail.php?product_id=12618

クオカのバレンタインレシピブックでご紹介している「生チョコタルト」を作られる方が多いようです。
ボウル、泡だて器、小鍋があれば、すぐに作れるので、年齢、経験問わず、どなたでも挑戦していただけるお菓子です。

中に流すチョコレートのフレーバーを変えればアレンジは無限に広がります。
かわいらしく飾ることも、シンプルシックに仕上げることも可能です。

レシピブックに載っているメニューをスタッフで食べ比べを行いましたが、手軽さ、おいしさ人気ナンバーワンでした。実際にお家で作ったスタッフもいますよ!

クオカスタッフはココア風味のクッキータルトに抹茶風味のチョコレートやお酒を効かせたチョコレートを入れて作りました。金箔、銀箔をのせれば、大人の方にも喜ばれる洒落た仕上がりに!

まだ作るものが決まってないっ時間がないっという方、生チョコタルト、おススメですよ~

スタッフ 長田

クオカの自信作!!

クオカのバレンタインキット、子供さんから大人の方までたくさんの方にご好評いただいています。

実際に中に入っているものもご覧いただけるよう、展示をしていますが、やはり皆さんが気になるのは出来上がり!

「小さい子供でもできるの?」
「お菓子なんてほとんど作ったことないけど・・」

出来上がりの実物をご覧になると、よりイメージが沸くのでは?とクオカスタッフが実際に作ってみました!

デコレーションは各自自由に行い、ラッピングのご提案もしています。

何かご質問がありましたら、どんどんスタッフにお声かけくださいね。
ご一緒に素敵なプレゼントを考えましょう!!

スタッフ 長田

北北西に進路をとれ!?

節分でしたね!

恵方巻きは食べられましたか?
関西生まれ、関西育ちの私は、節分に恵方巻きを食べるのは全国共通だと思っていました。
関西では節分に恵方巻きの早食い競争があったりして、結構な盛り上がりをみせるんですが、余所の地方じゃ「節分になんで海苔巻き??それも切らずに??なんで?? 」という感じなんですね…
知らなかった…

恵方巻きは「恵方を向いて」、「心で願い事をして」、「しゃべらず」、「1本まるごと」食べるのがキマリごとです。
「恵方」は「今年は○○○やて」と、たいていどこからか情報が入ります。 
ちなみに2017年は「北北西」でした。

以前働いていた大阪の職場では恵方巻きを毎年差し入れしてくださる方がいて、職場のみんなで食べていました。

恵方巻きを始めたのは大阪の海苔組合の人達だと子供の頃に聞いたのですが、本当でしょうか??
全国に広まったのはコンビニエンスストアが半分サイズにして売り出したのがきっかけときいたんですが、これも真相はいかに???
恵方巻きはやはり、あの長い1本にかぶりついてこそっ
ハーフサイズをみるとモヤモヤしてしまいます。うむぅ~
スタッフ 長田

育てる系・・・・

ずいぶん昔にカスピ海ヨーグルトをダメにしてしまってから、酵母とか、麹とか、乳酸菌とかの「育てる系」が苦手です。

忙しすぎて、カスピ海ヨーグルトをほったらかしにしてしまい、気がついた時には不思議な赤い何かになっていたんです。
なんか、もう、死なせてしまった・・・という罪悪感。

それから「育てる」ことは止めていたんですが、麹を食事に取り入れている方のお話を伺って、ン年ぶりに挑戦してみました。

今回は「米麹」!
まずは甘酒を仕込んでみました。水と麹の温度を保って8時間。
おぉ~みごとに甘酒になっていました!
容器を開けてみたら変化なしとか~、なんか酸っぱいにニオイが~とかになるんじゃないか、なんて思っていたので、ちょっと感激ですっ。
そのまま飲むだけでなく、お味噌汁に入れたり、お肉を漬け込んだり色々と使えて楽しいですよ!

次は醤油麹を作ってみるつもりです。

スタッフ 長田

基本の道具の選び方 〜口金〜

クリームや生地を絞る「口金」、種類も大きさもたくさんあって迷いませんか?

まずは「丸口金」と「花口金」をひとつづつ揃えましょう。
口径はクオカなら「♯9」がおすすめです。
花口金は切り込みが入っているのが特徴ですが「8切」がオーソドックスな形に絞れます。
切り込みが少なければ可愛らしい感じに、多ければエレガントな感じに絞れます。

あとは「モンブラン口金」「サントノーレ口金」なんかがあると、ぐっとデコレーションに幅が出てきます。
これからの時期は「桜口金」も人気です。

アレもコレも揃えられなくても大丈夫!
花口金ひとつでも、様々な形に絞ることができるんですよ!
ひとつづつ丸く絞ってバラの形に、左右から絞ってハートの形、連続に絞ってしずくの形、ぐるぐると巻きつけてボリュームを出したり…
艶やかに丸く絞れるようになれば、後は自由自在です。

使い終わったあとは、洗剤で洗い、しっかりと乾かしてから片付けてくださいね。
濡れたまま片付けるとサビてしまいます。ご注意ください。

スタッフ 長田

バレンタイン切手

フランスでは毎年この時期にはバレンタインの切手が発売されるんですよ!

デザインを担当するのはフランスを代表する老舗ブランド。
毎年コラボレーションを行うブランドは変わるのですが、過去にはエルメスやシャネル、バカラ、クレージュなどが手がけました。

今年は「Balmain バルマン」のデザインです。
1945年にピエール・バルマンがオートクチュールメゾンとして創立したブランドです。


点線で切り取るとハート型になるなんともロマンティックな切手!
これからフランスに行かれる方は郵便局をのぞいてみてはいかがですか?

スタッフ 長田

レシピブックたくさんご用意しています

クオカのお店やホームページでご紹介しているレシピは、開発スタッフが試行錯誤をして「絶対コレおいしい!!」とできたものをご紹介しているのですが、有名お菓子店のシェフや専門業者さんもレシピを提供してくださっています。

現在、お配りしているのはフランスのフルーツ加工メーカー「ラ・フルティエール」のレシピブックです。

色鮮やかなフルーツとチョコレートを組み合わせたお菓子レシピがたくさん掲載されています。
ほろ苦いチョコレートとフレッシュなフルーツの組み合わせは最高においしい!

作りなれているお菓子も、ちょっと材料をかえるだけでバリエーションがぐっと広がります。
フルーツピューレの売り場にありますので、ぜひ手にとってご覧になってくださいね。

スタッフ長田

いまだけっ

街中にチョコがあふれかえってきましたね!

普段は洋の要素がないものにも、チョコレートが投入されていく時期がバレンタイン!

「おぉ~そうきたかっっ」とびっくりするものも無きにしもあらずですが・・・(笑)

私が発売を楽しみにしているのが「チョコかまど」。
あの慣れ親しんだ、かまどがチョコレートとコラボなんておいしいに決まっています!
いそいそと買いに行き、おやつにしました。
2月になるとチョコレートコーティングされたゴージャスバージョンも店頭に並ぶそうです。
楽しみっ ふふふ

箱もシックでおしゃれです。

いつものがちょっと違っているものを贈り物にすると、お話が弾みますし、受け取った方にも印象が残って楽しいですよ。

洋菓子は苦手という方の贈り物にいかがですか?

スタッフ 長田

どなたか知りませんかぁ~?

ずいぶん前に食べたものを、ふと思い出して無性に食べたくなることはありませんか?

先日友人に「ずいぶん前にあなたからもらった、パイのお菓子おいしかったな~」と急に言われて、すっかり忘れていたお菓子を思い出しました。
イタリアのパイ菓子で、中にヘ―ゼルナッツのチョコクリームが入ってて…
パッケージに女の人の絵があって……
えぇ~と、メーカー名は何だっけ??
「M」がついてたような……
どこで買ったっけなぁ~そもそも、前に食べたのいつだっけ??
あぁぁ食べたいねぇ~
と、ひとしきり話したけれど、お互いはっきり思い出せず(笑)

その後、ネットで検索してみました!(なんて便利なんでしょう!! )
「マチルド ヴィセンチ MATILDE VICENZI」の「ミニスナック へーゼルナッツクリームパイ」でした!
あぁスッキリ!!

ただ、どうも日本での取り扱いは終了のようで、がっくり。
手に入らないとなるとよけいに食べたくなるなる!

どなたかマチルドさんを見かけたら、ぜひっご一報ください!!

スタッフ 長田

ほっと一息・・

冷たい風の中、ご来店ありがとうございます!

「あ~寒いっ」と手をこすり合わせながら、お店に入って来られるお客様。
温かいコーヒーはいかがですか?

自家焙煎のお店「四国珈琲」さんのコーヒーがクオカで飲んでいただけるんです!

ホット、アイスともに1杯¥150です。

今の時期、バレンタイン商品のご試食もたくさんご用意しています。
甘いものをつまみながらコーヒーで、ほっと一息しませんか?

1杯づつ、ご注文のたびに豆を挽いて抽出しているので、挽き立てのおいしさを味わっていただけます。

スタッフ 長田

今年はふんわりと・・・

バレンタインに向けて、店内の様子がどんどんと変わっていっています。


去年までは、はっきりとした赤やピンクを主に使用したディスプレイをしていたのですが、今年はイメージを変えて、ふんわりと優しい色使いにしてみました。

紙製のポンポンを吊るしてみたのですが、いかがですか?
事務所内でポンポンを膨らましていると、たくさんのポンポンに溺れそうになりました(笑)

ディスプレイ当日はスタッフの中でも小柄なメンバーばかりが出勤の日!
脚立をかかえて、わっせわっせと吊るしていきました。

終わってみると白い壁によく映えて、まるで外国のお誕生日パーティーの会場のようにハッピーな店内になりました。

ご来店いただいた方にウキウキするような、心躍る時間を感じていただけるといいのですが・・・

スタッフ 長田

基本の道具の選び方~パウンドケーキ型~

デコレーション型に次いで、皆さんがよくお持ちの型といえば「パウンドケーキ型」ではないでしょうか?

パウンドケーキは簡単に作れて、焼きっぱなしでOK、日持ちがするなど、いいことずくめの焼き菓子ですね。

クオカではひとくちにパウンドケーキ型といっても、3種類(ざっくりと分けても!)の取り扱いがあります。

cuocaオリジナルブリキパウンドケーキ型
cuoca×CHIYODAパウンド型
Matferパウンドケーキ型

それぞれに特徴があるんですが、はじめてさんはcuocaオリジナルの「Sサイズ」がおススメです。オーソドックスな大きさで、大抵のパウンドケーキのレシピはこの大きさで紹介されています。

スリムでスタイリッシュな仕上がりがお好みならcuoca×CHIYODAを、カットしたときの表面積が大きく、迫力のある仕上がりがお好みならMatferのものをお選びください。

同じ生地でも焼き上がりの大きさが違うとずいぶんと雰囲気の違う仕上がりになって面白いですよ!!

スタッフ 長田

フェアトレード(公平な貿易)とは

コーヒーや紅茶、チョコレートなど、それらを生産している国、人々のはどんな暮らしをしているのでしょう?
日用品や食料品の値段を見て「なぜ、そんなに安いのか?」と考えたことはありますか?
開発途上国との取引では、「安さ」を求める為に公平な対価が支払われていないことがあります。
生産物がどんどん売れていくのに、生産国や労働者の生活水準は改善されないまま・・・。
そんな状況を改善していこうと取り組んでいる国際的な運動があります。
『フェアトレード』
正しい対価が支払われ、また環境にも配慮した生産を目指す取引を目指した商品にはフェアトレード認定商品のラベルがついています。
何かを選ぶとき、ほんの少しそのモノが持つ背景に思いをめぐらせて見ませんか?
生産者も消費者も幸せになる世界で「おいしい」を楽しみたいですね!

クオカにもフェアトレード商品がありますよ♪


ぜひこちらもご覧になってください↓
http://www.fairtrade-jp.org/about_fairtrade/

スタッフ 長田

梅香る・・・

もう、梅の花のつぼみがふくらみはじめましたね。

梅の花を見ると思わず私が食べたくなるのが、とらやの羊羹「夜の梅」です。

「春の夜の闇はあやなし 梅の花 色こそ見えね 香やは隠るる」
『古今集』

切り口の小豆が夜に咲く梅の花を思わせるお菓子です。

とらやは日本最古のお菓子屋さんとご存知ですか?
室町時代後期(約500年前)に京都で創業されました。
とらやにはお店で働くひとの心構えを書いた「掟書」というものがあるそうです。
1800年頃に書かれたものですが、
「どんな人が買いに来ても丁寧に接すること」
「お菓子を作るときは常に清潔であること」
など、現代の私たちも気をつけていることが書かれているそうです。
200年も前の人たちも同じ思いだったんだと知ると、ぐっと親近感が沸きますね。

毎日のおやつにとらやの羊羹を食べる機会はあまりないかもしれませんが、最近は洋の要素を取り入れたお菓子やカフェなどもあります。

伝統あるものと新しいもの、両方を楽しめるすばらしいお店ですね!

スタッフ 長田

お腹の中からポッカポカ

ぐっと寒くなりましたね~

朝、お布団から出るのがツラいくらいです。

朝ごはんに温かいものを食べて、体の中から温まりたいものです。
食欲のないときも食べられて、栄養もあるもの。
そして、作るのも簡単!そんなメニューをご紹介します。

「マスタードスープ」
水 200g
コンソメキューブ 1個
牛乳 200g
生クリーム 50~100g
粒マスタード 20g~
塩、こしょう 適量

①鍋に水とコンソメを入れて沸騰させる。
②1に牛乳、生クリームを加え、沸騰直前まで温める。
③粒マスタードを加え、塩、こしょうで味をととのえる。
 できあがり

オランダで良く食べられているスープです。
もっと濃厚にするなら、サワークリームやクリームチーズを加えてください。
粒マスタードを入れてから、長時間煮立てるとチーズのように固まるので、
食べる直前に加えてくださいね。
夜食にもぴったりの、すっきりとした味わいです。

ぜひお試しください。

スタッフ 長田

Newオーブン!!

高松店に新しいオーブンがやって来ました!!

白黒2台も!!

今までのオーブンは10年くらい前のもので庫内も狭く、たくさんの物を作ることができなかったんですが、今回のものは庫内が広々30Lもあるんです。

これからバレンタインに向けて、ご試食や体験イベントをたくさん計画しているので、フル回転で活躍してくれそうです。

いつも、おいしい香りが広がっているような、そんなお店にしていきたいです。

まずはトリセツを読まねば・・・
最新のオーブンって実にたくさんの機能がついてるんですね。
知らなかった・・・(笑)
使いこなせるまで、ちょいと時間がかかりそうです。

スタッフ 長田

チョコレート事典2017

『チョコレート事典2017』できました!

バレンタインの時期、クオカではなんとなんと100種類のチョコを店頭にご用意しているんです。

でも、100種類の中から、自分がイメージしているものを探し出すのって大変ですよね。

そんな時はぜひこの事典を手にチョコレートを探してください。
全てのチョコレートの名前、カカオ分、味のバランス、特徴などが書かれています。

それ以外にも
「そもそもチョコレートってどうやって作られるの?」
「同じカカオ分でもメーカーやカカオの産地が違うとどうなるの?」
「スイートとミルクの違いは何?」
「おススメの使い方は?」
など、皆さんのさまざまな「?????」が「!!!!!」になる充実した内容です。

店頭にて配布しておりますので、チョコレート選びの際はまずご覧になってくださいね。

スタッフ 長田

cuoca画伯

お店の演出には素敵なポスターやおしゃれな電子看板がつかわれていますが、手書きの黒板もがんばっています。

有名コーヒーチェーン店では黒板を特に上手に書く人を「GAHAKU」として認定しているそうです。全国でたった17人だとか!

クオカにも「ガハク」がいるんですよ〜

それぞれに色遣いやデザインに特徴があって個性的です。
入口やレジ近くに設置していることが多いので、お買い物の際はチェックしてくださいね。

スタッフ 長田

これもガレットデロワ!

日本でも浸透した「ガレットデロワ」、今年はもう食べられましたか?

フランスでは1月6日の公現祭に食べられるものですが、実際は1月中に人が集まる際にはいつも用意されるのだとか。人によっては1ヶ月に5.6回食べることもあるそうです。

パイ生地で作られたものが主ですが、最近パン屋さんなどでは、ブリオッシュ生地で作られたものも見かけます。これは南フランスのガレットデロワなんですよ。南フランスはフルーツの砂糖漬けが特産品で、これをたっぷりと使用したガレットデロワが食べられています。
華やかで見た目もたのしいですよね!

どちらのタイプもフェーブ(当りくじ)をしのばせて楽しむのは同じです。
老舗のお菓子屋さんではアクセサリーデザイナーとコラボレーションした、オリジナルフェーブを用意しているところもあるんですって。
コレクターがいるという話にもうなずけます。

みなさんもガレットデロワで今年の運をつかんでくださいね!!

スタッフ 長田

基本の道具の選び方~デコレーション型~

スポンジケーキを焼くための型、「デコレーション型」を選ぶ時にちょっと迷われませんか?

まず、大きさ。
目安ですが、以下を参考にしてください。
12cm・・3~4名分
15cm・・6~8名分
18cm・・8~10名分
21cm・・10~12名分

そして素材。
色々ありますが、紙を敷き込んで使うことが多いのであまり気にしなくでも良いと思います。熱伝導がいいのはブリキ製です。
どの素材も使用後はよく乾かすようにしてください。乾きが悪いとカビやサビが発生するのでご注意ください!

そしてそして、みなさんが一番迷われるのは
底が「取れる」or「取れない」どっちにする!?
多様な使い方ができるのは「取れない」型です。
焼き菓子、冷菓ともに使えますし、湯せん焼きにも使えます。

「取れる」型は取り出しやすいですが、湯せん焼きには向きません。
一番の違いは天板と型の底との間に空気の層ができること。
ほんの1~2㎜の層ですが、生地への火の当りが弱くなってしまいます。

私自身は直径15㎝、底が「取れない」型が一番使い勝手が良いと思います。

選ぶときのご参考になさってくださいね

スタッフ 長田

もう早々と・・・・

1月に入ったばかりですが・・・

クオカでは着々とバレンタインの準備が始まっています。
まず、店頭に届いたのは毎年ご好評をいただいているキット!
今年は全部で8種類です。たくさんのお友達に、大切なあの人に、みんなで気軽に・・・と色々なシチュエーションにあわせたものをご用意しています。

そして、キットと共にクオカが力を入れているのがコレ!!
オリジナルレシピブックです。
毎回、デザインや内容が変わるんですが、今回は

『あなたの恋を応援する8レシピ』

あなたが思いを伝えたい相手をイメージしたお菓子作りの応援をいたします!!
アート好きの彼に~優等生な彼に~など「あの人のために」というレシピがぎゅっと詰まっています。

店頭で配布していますので、ぜひ手にとってくださいね。

スタッフ 長田

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
新しい年が、皆様にとって穏やかな日々で過ごせる、そんな心温かな1年でありますように!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

クオカスタッフ一同

もういくつ寝ると~♪

クリスマスが終わり、一晩でお店のディスプレイがかわりました!

一気に「和」のテイストに早変わりしましたよ~
見慣れたツリーがないと、なんだかお店の中がとっても広く感じられます。

お正月用品にガレットデロワの材料、そしてヴァレンタイン商品もじわじわ届いています。

今年は29日木曜日までの営業です。
ぜひお正月休みは手作りでお楽しみくださいね!

スタッフ 長田

モッタイナイが楽しい!に

年末に向けて慌しくなってきましたね。
クリスマスに年越しにお正月の準備…
そして、忘れちゃいけない「大掃除」

お台所の掃除のときに出てくるもの、そうですっ「賞味期限切れ食品」!!

もったいない、捨てなきゃ、あ~もったいないっと、ど~んと罪悪感がのしかかってきますよねぇ(笑)
食べられないけれど、そのまま捨てるのは忍びないという時、こんな使い方はいかがですか?

『小麦粉粘土』
1.小麦粉100gと塩を30g合わせます。
2.油35gを加え、スプーンなどで混ぜます。
3.水30gを加え、手でこねてまとめます。
固いようなら水を少しずつ加えて調節をしてください。
柔らかくなりすぎたら小麦粉を加えてくださいね。

色を付けたい場合は食用色素を混ぜ込むといいですよ。

あとはコネコネと好きな形にして遊びましょう!

出来上がった粘土はラップに包んで冷蔵庫で1週間ほど保存できます。
カビが生えてきたり、嫌なにおいがしてきたらすぐに捨ててくださいね。

お正月休みにお家にあるもので遊んでみるのはいかがですか?

スタッフ 長田

☆短期集中反復練習☆

この時期によく頂くご質問、
「どうしたら、スポンジケーキに美しくクリームが塗れますか?」

お答えは…
「練習あるのみ!!です。」

ケーキ屋さんのショーケースに並んでるような、ツルッピカッと輝いているデコレーションケーキが自分で作れたら本当にうれしいですよね。
スポンジにクリームを塗り広げる作業のことを「ナッペ」というんですが、これはパティシェの卵達も閉店後に夜な夜な居残り練習をしてやっとできるようになる作業です。
練習に本物のスポンジやクリームを使うわけにはいかないので、回転台にデコレーション型をガムテープで固定してショートニングをクリーム代わりにするんです。もう、手がべたべた… 
そういえば、マヨネーズでしてた人もいました。

もし、「絶対習得してやるんだっ」と思われたら1週間毎日、時間を決めて練習してみてください。
ある時、突然にピューーーッと美しくナッペができる瞬間が来ますよ!
ナッペは「短期集中反復練習」が一番効果があります。スポーツや語学と同じですね。

だまされたと思って一度チャレンジしてみてください。
必ず、できるようになりますから!!

スタッフ 長田

材料はアレ!

ちょっとしたものを差し上げる時、リボンをかけると大げさすぎるし、でもそのままじゃそっけないし…、どうしようと思われたことはありませんか?

そんな時、こんな飾りを添えるのはいかがですか?

材料は何だと思います?
よぉ~くご覧ください。カラフルで曲げて形作れるもの…
みなさんのご自宅に、台所や引き出しの中にきっとある「アル」もの。

なんと「リボンタイ」で作っているんです。
パンの袋などをきゅっとねじって留める、針金入りのリボンです。
「留める」だけじゃないんです。こんな風に好きな形に曲げてオーナメントのように使うこともできるんです。

ウサギや星の形にしたり、ただグニグニっと曲げたり、ぐるぐるっと巻くだけでも可愛らしい!!
カラフルなマスキングテープやシールで貼り付けたら一気にプレゼント仕様になりますよ。

豪華に飾らなくても、ちょっとしたアイデアで受け取られる方のハートをつかむことができるんです。
身近にあるもので贈り物を楽しんでくださいね!

スタッフ 長田

百聞は一見に如かず!!

私はクオカでお菓子レッスンを担当しているのですが、パンは家で本を読んで見よう見まねで、「パンらしきもの」を作った程度の経験しかありません。
フォカッチャを作ればゴリゴリの岩…、シナモンロールはロールではない、ペッチャンコの何か…そんなものが出来上がっていました。
そうそう、究極は何か変だなと思いつつ作り、オーブンに入れてから粉が「薄力粉」だった!てなこともありました。

そして、ついに、先日パンを先生に習うことがあったんです。
いやぁ~本当に「百聞は一見にしかず」です!!

本やネットでは分からない、「ちょっとしたこと」をたくさん教えていただきました。
ぐゎっと視界が開けたような感覚を感じました。
先生のパン作りに関するお話も興味深く、共感するところもたくさんありました。

もうひとつ教室ならではのことが、一緒にレッスンを受けた人との出会いです。
たまたま同じ日時に居合わせた人とお話が弾むのはとても楽しい経験でした。

たくさんの情報がメディアから得られますが、やはり実際に間近で見ることに勝ることはないなと実感した時間でした。

スタッフ 長田

20年ぶりの再会!

このカード、見覚えありませんか?
そう!そう!
アレですよ!

お茶漬けの素の「おまけカード」!!

20年ぶりに復活だそうです。
スーパーで見かけたときは思わず、小躍りして仕舞いました(心の中でですが…)
特別、浮世絵コレクターでも広重マニアでもありませんが、なんかうれしい浮世絵カード♪
以前、廃止になると聞いたとき「ガビ~ン」と実にショックでした。

今回も抽選に応募したらフルセットが当たるんですって!
応募期間は平成31年までなので「それまではおまけカードが入っているのね」と一安心。

「集めてどーすんだ?」と聞かれたら、別にどーもしないんですが。
まぁ、きれいなお菓子の箱に貯めていくぐらいでしょうか。

「おまけカード」ファンの方、クオカにご来店の際にはぜひ、私に「復活しましたね。」とお声掛けください。
一緒にふふふと喜びましょう(笑)

スタッフ 長田

基本の道具の選び方 ~カード編~

ゴムベラがあれば問題なし!!…なんですが、この道具もぜひおススメしたいっ

「スケッパー」「カード」と呼ばれるものです。
すくう、混ぜる、切るなど何役もこなしてくれる優れものです。
お菓子屋さんだとゴムベラよりスケッパーの方が登場回数が多いかもしれません。

まず、曲線部分。
ボウルに沿わせてクリームや生地をすくうと、実にスカッと気持ちよく取ることができます。
少し寝かせるように持つと材料を裏ごす時に便利。
手のひらで持つので力加減の調節がしやすく、材料の状態に合わせた混ぜ方ができます。
特に粘りを出さずに混ぜ合わせたい時に最適です。

そして直線部分。
生地を分割する時に大活躍します。
ゴムベラで混ぜて~包丁探して~というのがないんです。
上下を持ち変えるだけで済むんですから。
ざくざくと切り込むように混ぜ合わせるのもいいですね。
あとは「あ、材料を台にこぼしちゃった」という時、台に直線部分をしっかりと当ててすくうと、きれいに元に戻せます(笑)

最初は何だか使いづらいかもしれませんが、だんだん手に馴染んでくるともう手放せなくなりますよ!

スタッフ 長田

「シュトーレン」とは・・・

クリスマスのお菓子として定着し始めたシュトーレン、みなさんはもう食べられましたか?

シュトーレンはドイツのクリスマス菓子で、地方によって「シュトレン」「シュトレーン」と呼ばれたりもします。

日本では20年ほど前から店頭に並ぶようになりましたが、認知度が高まったのはここ数年のことのようです。

様々なシュトーレンが見られますが、「これがシュトーレン」という大事なポイントがあります。

*白いこと
*山が3つあること

これはシュトーレンはもともとイエスキリストの誕生を祝うためのお菓子ということが関係しているのですが、「白」はイエスキリストのおくるみを意味しています。
「3つの山」は赤ちゃんのイエスキリストが手を前にちぢこまっている姿を表しています。
そして「3」はキリスト教では聖なる数字とされています。「東方の三賢者」や「三位一体」といった言葉からも分かりますね!

ドイツではクリスマスを待つアドベントの間、少しずつ食べる習慣があり、食べるたびにクリスマスが待ち遠しくなるのだとか。

みなさんもシュトーレンを食べながらクリスマスを待ちわびてみませんか?

スタッフ 長田

満腹!満足!

先日、ご紹介した四国学院大学のノトススタジオでのお芝居、観てきました!

『食と演劇 うどんとか』

いやぁ~楽しかった♪
3時間弱の内容でしたが、あっという間に過ぎていました。

お芝居の内容は全て「食」にまつわるもので6つの短編で構成されていました。
クスリと笑えるもの、う~んと考えてしまうもの、ゾクリと寒気のするもの・・・・、自分の中の感情を大きく揺さぶられるお話でした。
「食」って、生きること、人とのつながり、家族、社会・・・と人間が生きていくことの全てに繋がっていると改めて感じました。

そしてそして、短編の合間にうどん職人さん登場です!
粉から生地になり、どんぶりに盛られるところまで、全てを見たのは初めてでした。
俳優さんとの掛け合いもとても面白く、(ほぼアドリブだとか!)どこまでがお芝居でどこまでが実演なのかわかりませんでした(笑)

最後に振舞われたおうどんも「うまいっっっ」
久しぶりに食べた瞬間、そう感じました。

俳優さん達のエネルギーを観客が五感をフルに使って全身で受け止めるような、そんな体験をし、気持ちの良い疲労感で劇場を後にしました。


スタッフ 長田

グリム童話の世界♪

「お菓子の家」って想像するだけで、なんだかわくわくしませんか?

もともとはドイツでクリスマスのお菓子として作られたものがはじまりです。
ドイツ語で「ヘクセンハウス」と呼ばれ「魔女の家」という意味です。グリム童話の「ヘンゼルとグレーテル」に出てくるアレですね!

アメリカでは「キャンディハウス」、イギリスでは「ジンジャーブレッドハウス」、日本では「お菓子の家」と呼ばれています。

もともとのドイツのものは「レープクーヘン」というはちみつで粉とスパイスを練った生地を家のパーツに抜いて焼き、組み立てます。
かなり固い、クッキーというより瓦せんべいのようなものなんですよ!

菓子職人による「ヘクセンハウスコンテスト」もあり、ドールハウスのような大きなものが作られることもあるんです。

作って、飾って、食べて美味しいお菓子の家、挑戦してみませんか?
ベースが同じでもデコレーション次第でまったく違うお家が出来るので本当に面白いですよ!!

一人で作るのはなかなか難しいので、みなさんでわいわい集まって作ってみてくださいね。

クオカのHPにも作り方を掲載しています。

スタッフ 長田

基本の道具の選び方~回転台編~

なくても、なんとかなる。
でも、あれば格段に仕上がりが変る道具といえば「回転台」です。

クリスマスにデコレーションケーキに挑戦しようかなと思われている方、多いのではないでしょうか?

回転台の大きさに迷われたら、作ろうと思っているサイズよりひとまわり大きいものをお選びください。
ケーキと同じ直径のものにしていまうと、側面のクリームを広げることが非常に難しくなってしまいます。

使い方のポイントです!
*作業台の上に濡れたふきんを広げ、その上に置きましょう。
作業台に直接置くとすべってしまい、手元がぶれてしまいます。
*回転台は少し作業台から飛び出すように置いてください。(写真をご覧下さい)
回転台は「回転させて使う」ので、テーブルにお皿を置くようにおいてしまうと、手が引っかかって滑らかに回転させることができません。
*勢いをつけて回転させましょう。ゆ~っくり回すより、ぴゅーっと早く回転させた方が、クリームが均一にひろがりますよ。

なかなか一度では上手くいきませんが、繰り返し作ると必ずきれいに仕上がるようになるので挑戦してくださいね!


スタッフ長田

しあわせのブタさん♪

クリスマスのお料理といえば、日本だとチキン、アメリカはターキー、ヨーロッパはフォアグラ・・・そんなイメージですが、北欧のクリスマスは「豚」を食べるんですよ!

「クリスマスハム」と呼ばれるものなんですが、大きな塩漬けの豚肉の塊を買ってきてお家のオーブンでじっくりと焼き上げるんです。
5kgとか8kgとかもっと大きなお肉を準備するんですって!
そしてそのお家の特製のソースを添えて楽しむのだとか。

北欧ではブタさんは「幸せの象徴」とされていて、とても特別な存在なんだそうです。
クリスマスのディスプレィにも使われて、「ジンジャーマンクッキー」ならぬ「ジンジャーピッグクッキー」が飾られているんですよ。

宗教上の理由でブタが食べられない人のためにピンクのマジパンで作ったブタさんケーキがお菓子屋さんには並びます。

食卓に並ぶメニューは違えど、「クリスマスは大切な人と温かな食卓を囲む大切な時間」というのは世界共通のようですね。

スタッフ 長田

食と演劇のコラボ!

善通寺市にある四国学院大学でとてもユニークなお芝居が上演されます。

『食と演劇うどんとか』

「観る」だけでなく視、聴、嗅、味、触、五感すべてで体感できる内容だとか。
お芝居は食にまつわる6つのお話がオムニバス形式で上演されます。
そのなかで、なんとホンモノのうどん職人さんがうどんを打たれるそうです。
三豊市の人気うどん店「三好うどん」が舞台上でうどんを作られるんですって!
粉の舞い散る気配、包丁の息遣いが聞こえてくるような、おもわず喉がごくりとなるようなそんな体験ができる時間です。
もちろん出来上がったうどんは観客に振舞われます。
劇場で出来立てぷりぷりのうどんが食べられるなんてシアワセすぎです(笑)

他にもドリンクやフードがあり、飲みながら~食べながら~観劇でき、まさに「体感」できるひととき♪

劇場に行ったことのない方もぐぐっと身近に感じられるお芝居です。
特に食いしん坊さんは必見ですよ。
この機会に足を運ばれてはいかがですか?

詳しくはコチラから↓
http://www.notos-studio.com/contents/event/event/2008.html

長田

おもわずうっとり・・・

ケーキデザイナーのマギー オースティンさんをご存知ですか?

まるで生花のようなシュガーフラワーやフリルやリボンを使用したドラマチックなケーキを作られる方です。

ワシントンD.C.を拠点にされていますが、世界中どこからの注文にもご本人がケーキを制作し、運ばれるそうです。
ハリウッドのセレブリティからも注文があるそうですよ!

そのセンスを買われて、ホワイトハウスのクリスマス装飾も担当されたそうです。

そんなマギーさんが日本のホテルのイベントのためにケーキを制作されました。
4種類あるんですが、その中でも圧巻なのがこのステンドグラスを思わせるようなケーキ、「アメリア」です。

こんなデザインのケーキ、初めてみました。
う~んどうやって描いているんでしょうか・・・

こんなケーキでパーティーができれば素敵ですね!!

スタッフ 長田

リースより簡単♪

そろそろ、お家のクリスマスデコレーションの準備も始められるころではないでしょうか?

玄関にクリスマスリースをかけられているお家も見られますね~
訪ねてこられる方も道行く方も楽しめる素敵なデコレーションです。

最近、丸いクリスマスリースと並んで人気急上昇な飾りをご存知ですか?
「スワッグ」と呼ばれるもので、ドイツ語で「壁飾り」という意味なんです。
もともとは魔よけにもみの木を束ねて吊るしたのが始まりだそうです。

丸いリースは意外とバランスよく飾るのが難しいのですが、スワッグは束ねるだけなので、ずっと手軽に作れます。
ドライフラワーを使ってもいいですが、フレッシュのものを束ねてドライになっていく過程を楽しむのもおススメです。

クオカでは去年からキッチンの扉に飾っているんですよ。
今年はローズマリーの枝をベースに作りました!
ふわりといい香りが広がって、そばを通るたびにおもわずクンクン(笑)

リボンを変えるとお正月飾りにも使えますよ♪
大胆に大ぶりの枝をまとめるのがコツです。
ご自宅にも飾ってみてはいかがですか?

スタッフ長田

基本の道具の選び方~手袋~

オーブンから熱い天板や型を取り出すとき、何を使っていますか?

シートタイプの鍋つかみ、ミトン、手袋・・・色々ありますね。
もしかしたら、「エプロンの裾で持ってるよ」なんてツワモノもいらっしゃるかもしれません。

大切なのはやけど、ケガをしないように安全に取り出せること!
私のおススメは「手袋タイプ」です。5本指が自由に使えるので、しっかりと物がつかめて安全です。とっても熱いものを持つ時は2枚重ねにするとさらに安心!

厚手で、素材は綿100%、そして手首までカバーできる長さがあるものをお選び下さい。
なんか、軍手みたい・・・と思われるかもしれませんが、怪我をしたり、せっかく作ったものを落としてしまったらどうしようもありません。

一番してはいけないのは「濡れたふきんで熱いものを持つ」です。
あっという間に熱が伝わり、危険です。絶対にお止めくださいね。

安心、安全に楽しく手づくりをしましょう♪♪

スタッフ 長田

冬バージョンできました!

お店では季節ごと、イベントごとにアイシングクッキーを作ってディスプレイをしています。

その時に担当したスタッフごとにがらりとイメージが変り、アイシングクッキーの世界は奥が深いなぁと感じます。

今回はシンプルな形にカラフルな色で書き込む仕上げをしました。
レジの横にありますので、間近でご覧になってくださいね。

スタッフ 長田

見上げれば、、、part2

夜はちょうどお月様と一緒に並んで幻想的に☆
この景色を見れるのは今だけ。



スタッフ 宮武

見上げれば・・・

ついに、メインのツリーが設置されました!
どこに??
店内に入って見上げてください。
2階の大窓に飾られているんです~

今年はイルミネーションが変って、すこし都会風なスタイリッシュな(笑)ツリーになりました。

やはり、キラキラと美しいのは日没後。ご近所に大きな照明もないので、クオカのツリーが実に!映えます。

閉店後もツリーはしばらくきらめいているので、お近くにお寄りの際はご覧になってくださいね。

スタッフ 長田

ぽかぽか、体の中から温まりましょう

一気に気温が下がり、冷え込み始めましたね。
そろそろ、コート、マフラー、手袋の準備をしなくては・・・

どんなに着込んでも、体の芯が冷えていては温まりません。
極度の冷え性の私が、冬に欠かさず飲んでいるジンジャーシロップをご紹介します!

【材料】
しょうが 200g
砂糖  200g
水   150g
お好みでスパイス

お鍋にスライスしたしょうがと砂糖を入れてざっと混ぜます。
20分ほど経って水分が出たら、水とお好みでスパイスを加え、火にかけます。
沸騰したら弱火にして15~20分煮詰めます。
荒熱をとったら清潔なビンなどに入れて、冷蔵庫で保管してください。
2ヶ月を目安に飲みきってくださいね。

お湯割りで飲むとお腹の中からぽかぽかと温まりますよ!!

お砂糖はグラニュー糖、上白糖、ブラウンシュガー、黒糖・・・なんでも結構です。
スパイスはシナモン、カルダモン、ブラックペッパーなどがおすすめです。
辛いのが好きな方は鷹の爪を入れてもOK。

残ったしょうがは軽くシロップを切ってグラニュー糖をまぶすと、しょうが糖になっておいしいですよ!

一度お試し下さいね。

スタッフ長田

基本の道具の選び方 ~ゴムべら編~

手づくりの三種の神器といえば!
ホイッパー
ボウル
そしてゴムべらです!!

今回はゴムべらについてご説明します。

大きく分けて、「シリコン製」「合成樹脂製」のものに分かれますが、おススメは断然「シリコン製」です。

熱、酸、アルカリ、油に強い!!
あつ~いキャラメルを混ぜても大丈夫。
炒め物にも使えるので、わざわざ木べらなど別の道具を用意しなくてもいいんです。

そして、へらと柄が一体化しているので洗い易く、常に清潔を保てます。

初めて手にされるとその「硬さ」に驚かれるかもしれませんが、しっかりと力を込めて、へらをしならせて使うと、スカッと気持ちよく生地を集めることができますよ!
また、柄がしっかりとしているので粘度のあるものや固いものもしっかりと混ぜることが出来ます。

臭いも付きにくいので、お料理、お菓子とあらゆることにお使いいただけます。

ご自分の手になじむくらい、頻繁に使ってくださいね!!

クオカならこのゴムべら↓
http://www.cuoca.com/products/detail.php?product_id=2770

スタッフ 長田

☆クリスマスディスプレイ☆

もう11月!!早いですね~

クオカではクリスマスのディスプレィが始まりました~
サンタさんや柊、トナカイのオーナメント、ラッピング用品などぞくぞくお店に届いています。
定番の人気商品から新しいデザインのものまで目移りしちゃいそうなラインナップですよ!!

12月にむけて店内の雰囲気が日々変わっていきますので、ぜひ何度も見にいらしてくださいね。

もうすぐ天窓に大きなツリーが飾られます。
日没後にキラキラ光るクリスマスツリーは本当にうっとりする美しさです。
お店の外から、ちょっと離れたところから見上げてくださいね。

クリスマスにちなんだイベントもたくさん企画しております。
ご期待下さい!!

スタッフ長田

「知る」って楽しい!!

「酵素ジュース」をご存知ですか?

私は「へぇー、ふ~ん」ぐらいにしか思っていなかったんですが、酵素ジュースの講師をされている方にお話を聞ける機会があり、俄然興味が沸いてきました!!

大き目のボトルに果物と白砂糖を入れて数日おくとシュワシュワ~と酵素が発生してくるんです♪ 

試飲させて頂いたジュースがとってもおいしかったうえ、酵素とは何か?、飲み続けるとどうなるか?、果物の選び方、残った果物の加工の仕方など「なぜ?」「なに?」が「わかる!!」に変わるとこんなに興味が沸くんだと実感した時間でした。

家に帰ってすぐ、作りましたよ~
ゆずとレモンを組み合わせてみました。夜にボトルに詰めて、朝見るともう下の方からプツプツと泡が出てきていました。オモシロイ~~!!
10日ほどで酵素ジュースが出来るそうです。

果物の選ぶ楽しさもあって、次は何で作ろうかと考え中です。
手軽で自分好みに作れるって楽しいですね。
瓶を眺めていると、酵素を育てている気分にも浸れます(笑)
おいしい、たのしい、ヘルシーなんて最高です!!
あ~早く飲みたいな~~~

スタッフ 長田

お化けかぼちゃ!!

いよいよハロウィンですね!

あちこちでオレンジ色のかぼちゃが飾られていて賑やかですね~
クオカも店内はもちろん入り口横のショーウインドーにもお化けかぼちゃをディスプレーしています。

毎年試行錯誤しているんですが、今年は徹底的に(笑)オレンジとブラックで飾り付けをしました。スタッフも猫耳や悪魔耳をつけてちょこっと仮装しています。

もともとハロウィンは悪霊を追い払うための宗教的な行事だったとか。
日本では仮装とお菓子を楽しむイベントとして年々大盛り上がりをみせていますが、他のお国ではそれほどでもないようです。
日本人の仮装は懲りすぎて、おまわりさんに職務質問を受ける人がいるとかいないとか・・・

「仮装はちょっとなぁ」という方もハロウィンならではの色使い、デザインのお菓子を楽しんでみられてはいかがですか?

真っ黒や深紫、真緑のおどろおどろしいお菓子も楽しいですよ!!


スタッフ 長田

基本の道具の選び方 〜ボウル編〜

今回はホイッパー(泡立て器)と組み合わせて使う「ボウル」の選び方をご紹介いたします。

ボウルの大きさ、迷いますよね〜。
たくさんあれば便利だけど、全部揃えるとお台所が占領されてしまいます・・・。

まず、メインとなるボウルを決めます。
直径の大きさは「ホイッパーの長さと同じもの」を選びましょう。
ホイッパーが25cmの長さなら、ボウルの直径も25cm!
この組み合わせがおすすめです。

そして、揃えるならメインのボウルの1サイズ大きいもの、小さいものをそれぞれ1つずつをまず揃えましょう。
本格的に手作りに取り組まれるなら、メインのボウルと同じ大きさのものをもう1つ。

素材はステンレスが熱伝導が良く、衛生的に作業が出来るのでいいですよ。

全てを一度に揃えるのは大変なので、ない時は身近にあるもので代用してみてください。
以前ご紹介したレイチェル クーさんは琺瑯の洗面器(!!)で生地をこねたり、お肉の下味をつけてました(笑)

ぜひ仕舞い込まずに目につく所において、日々のお料理にもどんどん使ってくださいね!



スタッフ長田

今日のおやつは。。。

クレームブリュレ。
1日目は冷蔵庫に入れてクレームブリュレとして。あとは、冷凍庫にいれてカタラーナ風に食べるのが我が家の定番です。

ブリュレといえば最後の仕上げに、バーナーでカラメルを作るのがテンション上がりますよね!
ちなみに我が家のバーナーは、キャンプ用の火起こし用。かなり火力が強いのでそのままの火力では丸こげ。ガスが切れるぐらい火力を弱くして、遠目からこげないように調節してカラメル板を作ってます。

自宅にバーナーがない方は、スプーンをコンロの火で熱くしたもので作るといいですよ。

仕上げに使うお砂糖、いつもはクオカのカソナードとグラニュー糖を混ぜて使っています。
カソナードだけでは、溶けるのが早いので、グラニュー糖を混ぜると溶けるのが遅くきれいなカラメル板になるんです。
でも今日は、カソナードのストックがなかったので、きび砂糖とてんさい糖で作ってみました。
結果は。。。きび砂糖は溶けるのが早く、こげるこげる!
てんさい糖は粒子が大きいので、溶けるのが遅くいい感じ。味も素朴で、濃厚なブリュレとかなりマッチ。
カソナードもいいけどてんさい糖 あり!です。

スタッフ 佐藤

基本の道具の選び方 ~ホイッパー編~

この季節、お菓子作り、パン作りを始めてみようかな、と思われている方が多いのではないでしょうか?

必要なものはなに?
どうやって選べばいいの??
そんな疑問にお答えしていきたいと思います。

まずは基本の道具のホイッパー(泡立て器)の選び方です。

お店に行くと、色々な長さのものが並んでいますが、使いやすいのは『ご自分の手首からひじの長さ』と同じもの!!
女性だったら25cmを目安にしてください。
売り場でホイッパーを腕に当てて選んでくださいね。

それから、柄とワイヤーがしっかりとつながっていること。
硬いものを力を込めて混ぜたりするので、ぐにゃぐにゃのものはいけません!
ワイヤーの根元をつまんで確かめてください。

最後にワイヤーの重なり具合をチェックしましょう。
ホイッパーの先を見てください。ワイヤーがきれいに重なっているものが、早く泡立てられたり混ぜられたりします。

クオカならこのホイッパー↓
http://www.cuoca.com/products/detail.php?product_id=3040

お店で迷われたら、スタッフにお声掛けくださいね!

スタッフ 長田

『はなぱん』~四国の素材にこだわって~

先日ご紹介したパン屋さん、「はなぱん」を主宰されている先川様をご紹介します!

パンに使われる食材はご自分で四国中を駆け巡られ生産者さんと直接お会いになって見つけられたものを使われているんですよ。
(その中にクオカが入っていることがとても光栄です!)

店舗は持たず、カフェや雑貨店を中心に委託販売をされていて、食材調達はもちろん、配達もご自分でされているんです。
ものすご~く多忙なはずなのに、いっっつもほんわか笑顔でお越しになられ、お会いすると私達を温かな気持ちにしてくださいます。

そんな先川様のパン作りの思いや「はなぱん」を始める経緯などのお話が雑誌に掲載されました。

『徳島人11月号』←78ページですよ!!

ぜひぜひご覧下さい!!

~お知らせ~
「はなぱん」の販売がクオカで開催されます。
予定:10月29日12:00~17:00(売り切れ次第終了)

皆様お誘い合わせの上お越し下さいね。
お待ちしております。

スタッフ 長田

ハーブを食卓に!

フレッシュのハーブがスーパーなどで手に入るようになり、ずいぶん身近になりましたね。
お家で栽培されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

その中でも季節問わず収穫できて、暑さ寒さに強く、手入れもほとんどいらない便利なハーブの代表格「ローズマリー」。

クオカのお庭にも植えられているんですよ。
パンやお菓子のレッスンの彩りに使われたり、色々とお店に貢献してくれています。

この季節にぴったりの簡単な使い方をご紹介します。

1.フライパンにたっぷりのオリーブオイルと皮をむいたニンニクを入れて香りが立つまで温める。
2.お好みの大きさに切ったカボチャを入れてざっと加熱する。
(中まで火が通らなくて構いません)
しっかりめに塩、胡椒をする。(あらびきブラックペッパーがおススメ)
3.耐熱皿に2とローズマリーの枝を2、3本入れ、180度のオーブンで約20分焼く。
竹串がすっと入ればOKです。

洋食、和食問わず、どんな食卓にも合うお味ですよ!

カボチャだけでなく、さつまいやじゃがいでもおいしくできます。
「あと1品欲しいな」そんな時にぜひお作りください。

スタッフ 長田

おもしろ!たのし!海外料理番組!!

みなさん、外国のお料理番組をご覧になることはありますか?
テレビのBSや話題になったものはNHKでも放送されることがありますね。
ネットのYou Tubeで検索するとさらに色々と観る事ができます。

たくさんある番組の中で私が特におススメしたいのがレイチェル クーさん!
英国人ですがマレーシアのルーツをお持ちで、アジアの食材や調理法を取り入れたりされるので、親近感が沸いてくる方です。

海外の料理番組は日本のそれを観なれていると「えっ・・」と絶句(笑)するくらい、大胆な調理だったりしますが、「こうじゃなきゃダメよね」という思い込みを解きほぐしてくれることもあります。

レイチェルさんは4畳ほどの小さなキッチンから次々と前菜、メイン、デザートとお料理を作り出していきます。ご自分で作った料理を食べて「う~ん、サイコー!!」とにっこり。

観ているこちらもにっこり、ハッピーになる番組です。

「英語は分からないし・・」という方も大丈夫!
おススメしている私もわかりません(笑)

でも、画面を見ていると作り方とおいしさははしっかりと伝わってきます。

ぜひ一度、ご覧になってくださいね。

長田

おすすめのクチコミ  (21 件)

このお店・スポットの推薦者
女性 ぺけーにゃ さん (丸亀市/20代) (投稿:2013/05/30  掲載:2013/08/19)
  • 女性 まめころ さん  (高松市/30代)

    ホームベーカリーがわが家にやってきてから頻繁に利用させてもらってます。パンミックスもいろんな種類を食べてます(笑)マイバッグ持参のポイントカードがなくなるという知らせを聞きました。確か来月末くらいだったかと。あと少しでスタンプいっぱいになるので、またお邪魔しにいきます。たまにリビング高松にもクーポンが掲載されていたりするので、買い物に行くのがいつも楽しみです! (投稿:2017/03/15  掲載:2017/04/10)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:0
    クオカショップ 高松からの返信:まめころ様 いつも高松ショップをご利用いただきありがとうございます。食パンミックスはお食事系から甘い系までバリエーション豊かで、スッタフの間でも「やっぱりブリオッシュ!」「いやいやチョコででしょ!」とそれぞれお気に入りがあるんですよ。マイバックスタンプカードをご利用頂けるのは、今月4月末までですので、ぜひ貯めて、クーポンとしてご利用くださいね!
  • 女性 ともぬーぴー さん  (高松市/30代)

    バレンタインのキットやラッピングも揃っていて、ともチョコづくりに大活躍です。おかしの教室もいってみたいです。 (投稿:2017/01/24  掲載:2017/02/06)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:0
    クオカショップ 高松からの返信:ともぬーぴーさま、いつもご利用ありがとうございます。 レッスンにぜひ一度ご参加ください!手作りはじめてさんさんからベテランさんまで皆さんに楽しんでいただけるレッスンを企画しております。クオカキッチンでお会いできることを楽しみにお待ちしております。
  • 女性 まめころ さん  (高松市/30代)

    よく利用させてもらってます! パンミックスやクッキーミックスなどお安くなってるものもあったりするのでお店に行くのが楽しくなります!クッキーミックスは好きな油で作れるのですがオリーブオイルより米油のほうがおいしくできておすすめです! (投稿:2017/01/07  掲載:2017/01/12)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:0
    クオカショップ 高松からの返信:まめころさま いつもご利用ありがとうございます。同じミックス粉でも、加える材料が変わると食感や風味がぐっと変わりますよね!色々お試しいただきありがとうございます。バレンタインまでの限定商品などがぞくぞく届いております。またのお越しをおまちしております。
  • 女性 SAWA さん  (高松市/40代)

    パンのフィーリングに使う、チョコチップとキャラメルチョコチップを買いました。キャラメルチョコチップは初めて買いましたが、パンによく合いました!気に入ったので、これはリピ決定です!! (投稿:2016/10/19  掲載:2016/10/26)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:1
    クオカショップ 高松からの返信:SAWAさま口コミありがとうございます!キャラメルチョコチップはチョコチップとはまた違った甘さで、キャラメルのようなミルキー感がくせになりますよね♪パン生地に巻き込んで焼き上げると粒ジャム状になる「粒ジャム」という商品もおすすめですよ!
  • 女性 まめころ さん  (高松市/30代)

    ホームベーカリーを購入して以来、よく利用しています。強力粉やパンミックス以外にも、全粒粉薄力粉を買ってクッキーを焼いてみたりお菓子作りも楽しんでいます。マイバッグ持参するとスタンプカードにはんこを押してもらえて、スタンプがいっぱいになると、100円引きで買い物ができるのも嬉しいです! (投稿:2016/10/11  掲載:2016/10/25)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:1
    クオカショップ 高松からの返信:まめころさま、いつもご利用ありがとうございます!ホームベーカリーの焼き立てのパンは本当においしいですよね!今、店頭では新麦の強力粉を販売しておりますので、よろしかったらぜひお試しくださいね。
  • 女性 SAWA さん  (高松市/40代)

    今日のお目当てはバター。いつ来ても新しいものが入荷していて楽しいお店です。ちょうどセールのタイミングだったので、パレットナイフ、アイスクリームスプーン、クッキー型などを一緒に購入。以前からほしかったものをゲットできて嬉しいです!! (投稿:2016/06/04  掲載:2016/06/06)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:1
    クオカショップ 高松からの返信:SAWA様 遅くなりましたがクチコミありがとうございます。 業務用バターは常に新しいものをお届けすべく、こまめに入荷させるるよう心がけております。折しも10月末は周年祭となりまして、お得商品を多数誤用する予定です。ぜひ覗いてみてくださいね。
  • 男性 snowlove さん  (高松市/40代)

    パン作りをするときに、粉の種類がとても豊富で、あまりスーパーで売っていない春よ恋などが買えるので重宝しています。お菓子作りなどに必要はものはすべてそろうといってもよいと思います。材料だけではなく道具、本なども売っています。 (投稿:2015/11/28  掲載:2015/12/04)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:1
    クオカショップ 高松からの返信:snowlove様 遅くなりましたがクチコミありがとうございます。ただいま店頭では、この季節限定の「新麦」をご用意しております。ワインのボージョレーヌーヴォーの様に、今年の麦を味わおう!という新しい取り組みで、今ですと「春よ恋」の新麦もございます!ぜひお試しになってみてくださいね。
  • 女性 そばちゃ さん  (高松市/30代)

    お正月用に上生作りの材料など、和菓子コーナーが打ち出されてました(*^^*) 黒豆と抹茶のケーキの試食が出されていましたが、これがまた美味しい♪ いつもおせちの黒豆が残るので、真似して作ってみようかなと参考になりました(o^^o) (投稿:2014/12/27  掲載:2014/12/30)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:1
    クオカショップ 高松からの返信:そばちゃ様 遅くなりましたがクチコミありがとうございます。和菓子はハードルが高く感じがちですが、やってみると意外とかたちになるものですよね。あんや鹿の子豆などおすすめしたい商品が多数ございますので、お正月シーズン以外にもぜひご利用くださいね。
  • 女性 mona さん  (高松市/30代)

    お友達にケーキをプレゼントしたいと思い型を買いに行きました。型でもいろんな種類があって迷いましたがどれも品質がいいし素敵な商品ばかりでした (投稿:2014/11/28  掲載:2014/12/01)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:1
    クオカショップ 高松からの返信:mona様 遅くなりましたがクチコミありがとうございます。 mona様の手作りケーキ、ご友人様もきっとお喜びだったことと思います。またそんな素敵なシーンのお手伝いができておりましたら、嬉しく思います。
  • 女性 pgpg さん  (高松市/20代)

    お菓子作りをするときには必ずここで材料の調達をしています♪♪ 見てるだけでうきうきするくらい品揃えがいいです( ^ ^ ) 横では料理教室もしてるみたいで、いつも行きたいな〜と レジでお会計しながら見ています(笑) 今度時間がとれたら、参加したいです♪ (投稿:2014/11/27  掲載:2014/11/29)

    このクチコミに “ぐっ”ときた
    現在:1
    クオカショップ 高松からの返信:pgpg 様 遅くなりましたがクチコミありがとうございます。その後レッスンにはご参加いただけましたか?もしまだでしたら、ただいま初めてさん特典がございます!この機会にぜひ一度参加してみてくださいね。

※クチコミ情報はユーザーの主観的なコメントになります。
これらは投稿時の情報のため、変更になっている場合がございますのでご了承ください。

次の10件

このお店・スポットのクチコミを書く

このお店・スポットをモバイルでみる

読取機能付きのモバイルなら、右のバーコードから簡単にアクセス!
便利に店舗情報を持ち歩こう!

モバイル版バーコード

このお店・スポットをお気に入りしている人はこちらも見ています

周辺のお店・スポット